2022年夏の大会開催は中止します。

第33回木頭杉一本乗り大会
中止のお知らせ

pl5248.jpg img_5166.jpg p7282092.jpg p7282062.jpg

第33回木頭杉一本乗り大会 開催の中止について。

新型コロナウイルス感染拡大防止を図るため、 2022年夏に予定されておりました第33回木頭杉一本乗り大会は 中止させていただきます。

2023年の夏は、
きっと乗る!!!

木頭杉一本乗り保存会会長のあいさつ

再会と再開を願って。

かつて自動車もなく、道路整備も進んでいなかった時代。山で切り出した重い木材の運搬に、清流那賀川が使われていました。そこでは、ふるさと徳島が誇る銘木・木頭杉を水面に浮かべ、その上に人が乗って流れに沿わせ、下流へ運ぶ技が生み出されました。
 
先人が培った阿波の伝統技術はかなり難しいものですが、楽しみながら、ライセンスの取得を目指す「木頭杉一本乗り大会」は、好評を得ており、各回100人の募集枠に対して毎夏定員を上回りるご応募をいただいています。
 
とはいえ新型コロナウイルス感染拡大の防止対策を講じることが、未来に一本乗りの伝統を伝えていくために欠かせないと判断し、残念ながら3年連続での大会中止を決定いたしました。
 
来夏の開催を信じて、地元保存会のメンバーも努力いたします。2023年の夏に、きっとみなさまと再会し、そして再開できることを願っております。

木頭杉一本乗り保存会会長 福井功